色々な業務にチャレンジ出来る携帯販売のバイト

天職探検隊

そもそも携帯販売ってどんな仕事?

携帯ショップや家電量販店など、携帯電話を販売している店舗ではどのような業務が行なわれているか知っていますか?ただ単に携帯を売るだけではありません。やりがいのある仕事内容を一つずつチェックしてみましょう。

携帯販売の仕事内容

携帯

携帯電話の販売はメイン業務

これは携帯販売の最も重要な業務になります。各メーカーで機種の特徴・価格は異なりますし、それら全ての情報を把握しなければなりません。機種を気に入ってもらうためにも豊富な情報を提供することが大切です。ノルマが設けられている店舗もありますが、事前にしっかりと研修を受けられるので、基本的な販売ノウハウを身につけた上で働けます。

機種やプランの変更手続き

同キャリア・他キャリアで機種変更を行なう際には、店舗で働くスタッフのサポートが不可欠になります。また、料金プランを変更する場合もスタッフによる説明が必要です。顧客情報を確認しながら案内していく流れになります。

ディスプレイの変更で販促効果UP

携帯ショップに行くと、新商品が目立つ所に陳列されていますよね。ディスプレイの変更も携帯販売のバイトの仕事になります。中にはPOP(販促物)を作成することもあるでしょう。顧客にどう商品をアピールするか、そういったことを考えることもやりがいに繋がります。

ショップ内の清掃も必要

毎日顧客が訪れるショップ内はしっかり清掃し、いつでも綺麗な状態を保たなければいけません。多くの場合は営業終了後や開店前に清掃を行なうものです。バイトで始めて指導されるのは、挨拶や清掃であるケースも珍しくありません。

書類整理などの事務業務

顧客の個人情報が記載されている書類などは、店頭のスタッフがしっかりと管理しなければいけません。責任感がある人にこそ最適な業務だと言えます。最近ではタブレットを使用して契約を行なうキャリアも増えています。そのため情報管理は手軽に行なえるようになっていますが、事務業務は携帯販売のバイトとして働く上で欠かせないものになるので、ミスをしないよう慎重に業務に取り組む姿勢が大切です。

広告募集中